エンジンメンテナンスにおける基礎知識

こちらは産業用エンジンメンテナンス.comがご紹介する、エンジンオイル分析の詳細です。

エンジンオイルの劣化の要因としては、

 

・金属混入

・水分混入

・燃料混入

・経年による変質

 ※画像参照

 

等があります。

オイル分析とは、これらを定期点検のタイミングでサンプル採取して、診断することを言います。

 

『 どうせオイル交換するんだから、分析はいいよ! 』

 

と思ってしまいがちですが、

それでは、そのエンジンが抱えている『 不具合の予兆 』を見逃すことになりかねません。

定期整備時には オイル交換と分析をセットで実施 することを推奨します。

 

2~4週間程度の調査期間が必要ですが、分析自体のコストは軽微なのでぜひ御検討ください

 

【画像:オイル分析の一例】

 

関連する基礎知識

お問合せはこちら

お電話はこちら