エンジンメンテナンスにおける基礎知識

FTAとは、Fault Tree Analysis  の略で、故障の木の解析といわれています。

重大な機器故障が起こり得る原因群を系統的に掘り下げて、故障に至る経路を

根本原因となる部品特性まで下位展開していく解析手法のことです。

故障の因果関係を樹形図で表現することで、製品の故障解析や改良設計に広く使用されています。

 

我々が、故障修繕や不適合調査に出向いたとき、

 【過去の経験と実績】

から、速やかに対応・処置するのが優秀な社員ですが、時として迷路に迷い込むときも否定できません。

基本に戻り、系統的に調査していくことも時には重要となります。

 

弊社では、事象ごとのFTAを作成し、社員教育にも利用しています。

今回は、

  【ディーゼルエンジンの始動不良:FTA】

を掲載します。

 

ディーゼルエンジンの始動不良FTAはこちらから

関連する基礎知識

お問合せはこちら

お電話はこちら