産業用エンジンメンテナンス.comの エンジンメンテナンス よくあるご質問

冷却水・クーラントが減る?

産業用エンジンメンテナンス.comのお問い合わせでよくいただく

『冷却水・クーラントが減少する』

という事例です。

 

どこに漏れているか?

 クーラントの減少は

  ・ラジエターの液面計

  ・保護センサーの警報

 等で確認することができます。

 では、減ったクーラントがどこに漏れているか?

  ①エンジン内部

  ②エンジン外周

  ③上記以外

 大きく3つに分かれます。

 

①エンジン内部の場合。。。

  クーラントがオイルに混入して、エンジンの稼働後はオイルが白濁します。

  オイルレベルゲージのオイルの質感でわかる場合があります。

  主な原因は、

   ・湿式ライナーのパッキン劣化

   ・インジェクタースリーブの不具合

  等があります。

  部位の特徴としては、油圧がかからない冷却系統のシール異常と言えます。

  例えば油圧がかかる冷却系統で代表的なものにオイルクーラーがありますが、

  このオイルクーラーに損傷があると、クーラント側にオイルが混入することになります。

  オイルへのクーラント混入は、放置するとオイルの劣化から摺動部の焼き付きが始まります。

 

②エンジン外周の場合。。。

  ラジエターを含む冷却水系統全てが調査対象です。

  目視で漏れ箇所を特定する必要があります。

  わかりにくい場合は、現象液が役立つ場合もあります。

  多くのパターンがあるので、都度、原因を特定して修繕となります。

 

③上記以外の場合。。。

  あまり多くはないですが、吸排気系統と冷却系統が交わる部位での不具合です。

  例えばインタークーラー・アフタークーラーのような燃焼室前の熱交換装置です。

  微量の漏れであれば、排気されますが、漏れ量が多くなると、ハンマーを起こします

  また最近であれば、EGRクーラーという、燃焼室後の熱交換器もあります。

  この部品にもれが発生すると、燃焼室も通過せず、排ガスと一緒に開放されるため、

  ほぼ痕跡が残らない、完全犯罪のような不具合が発生します。

 

産業用エンジンメンテナンス.comでは、電話でのヒアリングに始まり、現地調査も行います。

 

お問い合わせはこちらまで

 

【参考:冷却系統図】

« 一覧へ戻る

お問合せはこちら

お電話はこちら