産業用エンジンメンテナンス.comの エンジンメンテナンス よくあるご質問

エンジンの整備コストが合わない!?

御見積する以前に、コスト面でエンジン整備が成り立たない設備・機器も存在します。

 

例えば。。。

 フォークリフト や 小型ポータブル発電機 、乗用車 等が代表的です。

 

特徴としては。。。

  ・価格競争が激しく

  ・世の中に大量に出回っており

  ・中古市場が成熟している

 ような機器類が当てはまる傾向が強くなります。

 

どうして??

 だれもが理解している当たり前のことを図にします。

 『 本体の市場価格 』VS『 エンジンの整備コスト 』VS『 時間 』

 の関係性です。

 

当たり前ですが。。。

 本体の価値よりもコストをかけて、パーツのひとつともいえるエンジンを整備することは、

 通常は成り立ちません。

 エンジン整備が検討される期間は、本体の市場価値がエンジン整備コストより上の必要が

 あります。

 実際には、大幅に本体の価値が上回っていないと、お客様は整備を検討されないでしょう。

 

世の中に大量に出回っている機器類の場合。。。

 本体の価格が急速に値下がる傾向が強く

 販売価格の競争から、製造に占めるエンジンの価格割合も高い傾向にあります。

 結果的にエンジン整備が検討される期間は短く、

 その間にエンジンの重整備が必要となるケースは

 事故やクレーム、整備不良といった突発的なレアケースとなります。

 この場合は、整備を検討するよりも、新規購入が優先される傾向にあります。

 

希少性の高い機器類の場合。。。

 我々が必要とされる領域のお話です。

 本体の特殊性・希少性が強い場合、

  ・エンジン整備費用に比べて、本体の価値が高い

  ・本体価格は市場に左右されにくい。

  ・お客様が必要とする期間、価値が変わらない

  ・エンジン供給停止後も、長期にわたって使用される。

 という傾向が見られます。

 

結果的に。。。

 弊社のお客様に多いのは、

 ・大型建設機械

 ・非常用発電設備

 ・大型プラント

  ・特殊車両

 等々の希少性の高い案件が主となります。

 

« 一覧へ戻る

お問合せはこちら

お電話はこちら