エンジンメンテナンスにおける基礎知識

発電機の銘鈑からわかる情報

 

 写真は、PG78QYの発電機の銘板です。

   78は、装置の出力(kVA)

    Qは、メーカーのシリーズ機種

    Yは、長時間型   

             Xは、短時間型(1時間) 

を表しています。

 燃料タンクがパッケージ内に設置されている短時間型であれば、

   【PG87QX】

となります。

 

  発電機の銘板に書かれている内容は、以下の通りとなります。

            水道冷却方式             ラジエータ方式
        (地下冷却方式やリモラジ方式)    (パッケージ内にラジエータがある)
            出力     電流          出力      電流
   1時間   〇〇/〇〇kVA  〇〇/〇〇A      〇〇/〇〇kVA  〇〇/〇〇A
           左側は50Hz  / 右側は、60Hz      左側は50Hz  / 右側は、60Hz
    連続   〇〇/〇〇kVA  〇〇/〇〇A      〇〇/〇〇kVA  〇〇/〇〇A
          左側は50Hz  / 右側は、60Hz     左側は50Hz  / 右側は、60Hz

 

 一般的に、

 非常用発電装置の出力は、kVA

 常用発電装置 の出力は、kW

で表示されるのが業界の慣わしとなっています。

 

  ★ ディーゼルエンジンのコージェネレーション常用発電装置や
       現在のガスエンジンのコージェネレーション常用発電装置発電装置においては、
     【非常用発電装置兼用機】となっているものが多くありました。
      このような場合は、非常用発電装置としての出力も【kW】で表現されます。

 

さて、出力単位の【kVA】は、

        出力:kVA = √3 × 電圧(V)× 電流(A)

          出力: kW = √3 × 電圧(V)×電流(A)× COSθ(力率)

    

    のため、本件の場合

        ・電圧:220V  ・電流:205A   ・力率:0.8

    と銘板に刻印されています。

     よって、
       
        出力:kVA=√3×220V × 205A ÷1000 ≒ 78 kVA
        出力:kW =√3×220V × 205A ×0.8÷1000 ≒ 62kW

     となります。

 

 

関連する基礎知識

お問合せはこちら

お電話はこちら