産業用エンジンメンテナンス.comのエンジン部品の修理・加工事例 詳細産業用エンジンのトラブルを幅広いサービスで解決してみせます!

CASE: クランクシャフト F,Rシール部 溶射修正

  • 修理・加工内容 フロント、リアシール部 溶射修正
  • 業界建機
  • 部品名称クランクシャフト
  • エンジンメーカーS3L
  • クランクシャフト F,Rシール部 溶射修正 その1
  • クランクシャフト F,Rシール部 溶射修正 その2

こちらは(株)中田エンジンで施工した、

クランクシャフトのリアシール受け部表面処理 再生事例です。

 

          

                  加工前

 

・摩耗状態
エンジン稼働してますと見て分かります様に、クランクシャフトF、Rシール部ともに

シール摩耗しております。

指で触ってWリップの摩耗が感じ取れます。

 

・点検
まずはクランクシャフト自体の点検計測、亀裂チェックなど状態確認をします。

計測の結果でクランクシャフト自体が使用不可の可能性もあります。

状態を明確にして、再生加工に入っていきます。

 

・アンダーカット

溶射を施工する箇所を作る為、シール摩耗部を旋盤にて切削していきます。

切削した分を溶射で乗せる感じです。

弊社での適正切削量などありますが、使用環境が様々違いますので、

クランクシャフトの現物に合わせて切削量、切削幅を決めて対応します。

 

 

・溶射加工
使用用途、使用環境によって超硬(WC系)の材料を使い分け溶射材の選定をしております。

どの溶射材においても硬度と耐摩耗性を向上します。

※摩耗量が一定規定量より更に深く酷い場合には、

ボンディング材となる下地材を施工し、土台の上に超硬溶射を施工し対応しております。

 

・研磨加工
仕上げとしてダイヤモンド砥石にて研削加工をおこないます。

仕上がり後の面粗度を一定に保ちながら、研削にて公差0.01mmを狙います。

基準公差内、現合サイズに合わせて仕上がりとなります。

 

         

                  加工後

 

以上にて作業完了となります。

今回はフロントシール、リアシール2カ所の施工でした。

エンジン部品の修理・加工事例 一覧

  • シリンダースリーブ加工
    • 修理・加工内容

      スリーブ修理
    • 部品名称

      シリンダーブロック
  • クランクシャフト F,Rシール部 溶射修正
    • 修理・加工内容

      フロント、リアシール部 溶射修正
    • 部品名称

      クランクシャフト
  • シリンダーヘッド冷却水ライン腐食修繕
    • 修理・加工内容

      冷却水ライン腐食修繕
    • 部品名称

      シリンダーヘッド
  • シリンダーヘッドバルブシート加工
    • 修理・加工内容

      バルブシート加工、製作
    • 部品名称

      シリンダーヘッド
  • 海外製ディーゼルエンジンのシリンダーブロックの修理
    • 修理・加工内容

      シリンダーブロックの腐食修理
    • 部品名称

      シリンダーブロック
  • クランクシャフト リアシール受け部表面処理 再生
    • 修理・加工内容

      リアシール受け部表面処理 再生
    • 部品名称

      クランクシャフト
  • UDトラックス製のGH11のフライホイールハウジングの修理
    • 修理・加工内容

      フライホイールハウジングの修理
    • 部品名称

      その他

お気軽にお問い合わせください!
個人の方のお問い合わせは
ご遠慮いただいております。

メールでのお問い合わせ
お問合せはこちら

お電話はこちら

北陸・関東エリア 拠点: (076)272-1500

関西エリア 拠点: (072)339-2872

個人の方のお問い合わせはご遠慮いただいております。