産業用エンジンメンテナンス.comのエンジン部品の修理・加工事例 詳細産業用エンジンのトラブルを幅広いサービスで解決してみせます!

CASE: 海外製ディーゼルエンジンのシリンダーブロックの修理

  • 修理・加工内容シリンダーブロックの腐食修理
  • 業界発電機
  • 部品名称シリンダーブロック
  • エンジンメーカーMAN
  • 海外製ディーゼルエンジンのシリンダーブロックの修理 その1
  • 海外製ディーゼルエンジンのシリンダーブロックの修理 その2

今回ご紹介させて頂く事例は、海外製ディーゼルエンジンのシリンダーブロック

の修理に関してです。

シリンダーブロックには種類が有り、シリンダーボアが一体加工された一般的な

シリンダーブロックと、シリンダーライナーを挿入するタイプが有りますが、

今回はライナー挿入式で、更に湿式タイプのシリンダーブロックの修理事例となります。

 

      

写真のように、湿式ライナーブロックは上下Oリング部に腐食が発生する事が

多々見受けられます。この状態を放置しておくと、エンジン内に冷却水が

混入する恐れがあります。

弊社では、このような場合は腐食部をボーリング切削し(段付け加工)

切削寸法に合わせスリーブを製作し、切削部にスリーブを圧入後改めて

仕上げボーリングを施す修理を行っています。(下、写真参照)

   ボーリング切削機で腐食部を

                           切削加工する。

  切削内径に合わせスリーブを製作。

                     (内径に対し0.04~0.07mmの                     

                         圧入代で製作)

    プレス機でスリーブを圧入

今回紹介の加工部分はライナーツバの挿入部と言う事で、内径仕上げ後に

圧入スリーブが元の段付き高さより高い状態である為、

ライナーの吐出を規定内に収める為に高さ調整の加工を施します。

(通称 カウンターボア加工)

 

全ての加工が終了した状態が下の写真となります。

      

上面の状態が悪い場合は、更に平面研磨を施工する場合もあります。

腐食の進行具合は冷却水の管理が全てだと思うので、やはり日頃の点検と

定期的な冷却水の交換が必須だと考えます。

 

エンジン部品の修理・加工事例 一覧

  • シリンダーヘッドバルブシート加工
    • 修理・加工内容

      バルブシート加工、製作
    • 部品名称

      シリンダーヘッド
  • 海外製ディーゼルエンジンのシリンダーブロックの修理
    • 修理・加工内容

      シリンダーブロックの腐食修理
    • 部品名称

      シリンダーブロック
  • クランクシャフト リアシール受け部表面処理 再生
    • 修理・加工内容

      リアシール受け部表面処理 再生
    • 部品名称

      クランクシャフト
  • UDトラックス製のGH11のフライホイールハウジングの修理
    • 修理・加工内容

      フライホイールハウジングの修理
    • 部品名称

      その他

お気軽にお問い合わせください!
個人の方のお問い合わせは
ご遠慮いただいております。

メールでのお問い合わせ
お問合せはこちら

お電話はこちら