産業用エンジンメンテナンス.comのエンジン部品の修理・加工事例 詳細産業用エンジンのトラブルを幅広いサービスで解決してみせます!

CASE: クランクシャフト リアシール受け部表面処理 再生

  • 修理・加工内容リアシール受け部表面処理 再生
  • 業界
  • 部品名称クランクシャフト
  • エンジンメーカー
  • クランクシャフト リアシール受け部表面処理 再生 その1
  • クランクシャフト リアシール受け部表面処理 再生 その2

こちらは(株)中田エンジンで施工した、クランクシャフトのリアシール受け部表面処理 再生事例です。

 

摩耗

何時間稼働していたか分かりませんが、ずっと稼働しているとオイルシールといえど、クランク側のシールあたり面がスジ状に摩耗していきますので、オイル漏れの原因になります。

 

点検

まずは再生前にクランクシャフト自体の点検、亀裂などの確認をしていきます。

エンジンが焼き付き、クランクシャフトの変形や変色跡など、キズ、亀裂や曲がりがある場合もあります。亀裂があるまま表面処理をしても、亀裂は無くなりません。その際は 根本的な処置 および、Assy交換を検討する必要があります。

 

表面処理

表面処理といえば代表的な溶接、メッキ、溶射などの手法が挙げられますが、弊社では主に溶射を用いた表面処理 再生を行っております。

 

溶射加工

弊社では超硬(WC系)の材料を使用して、硬度と耐摩耗性を高めます。

熱影響による変形はありませんので、再生前の状態よりも高い耐久性が得られます。使用環境を選ぶこともありますが、摺動部など軸受けに適しており、幅広く対応可能です。

基材の摩耗分下削りを施し、削った分溶射材を乗せるイメージです。溶射の膜厚も+0.1~+1.0mmtを推奨しております。

さらに摩耗量が深い物の場合には、防錆性のある下地材を先に施工し、土台を作ったのちに超硬溶射を施工していきます。

 

研磨加工

仕上げとして研磨加工が必要にはなりますが、研磨加工にて公差0.01mmを狙っていきます。
研磨加工にて加工前の元寸に合わせたら、完成となります。

 

Before                      After

 

エンジン部品の修理・加工事例 一覧

  • シリンダーヘッドバルブシート加工
    • 修理・加工内容

      バルブシート加工、製作
    • 部品名称

      シリンダーヘッド
  • 海外製ディーゼルエンジンのシリンダーブロックの修理
    • 修理・加工内容

      シリンダーブロックの腐食修理
    • 部品名称

      シリンダーブロック
  • クランクシャフト リアシール受け部表面処理 再生
    • 修理・加工内容

      リアシール受け部表面処理 再生
    • 部品名称

      クランクシャフト
  • UDトラックス製のGH11のフライホイールハウジングの修理
    • 修理・加工内容

      フライホイールハウジングの修理
    • 部品名称

      その他

お気軽にお問い合わせください!
個人の方のお問い合わせは
ご遠慮いただいております。

メールでのお問い合わせ
お問合せはこちら

お電話はこちら