産業用エンジンメンテナンス.comの溶射事例 詳細

CASE: スピンドルのセラミック溶射

  • 目的部品の長寿命化
  • 業界産業機械
  • 対象オイルシール
  • 溶射材料セラミック溶射
  • スピンドルのセラミック溶射 その1
  • スピンドルのセラミック溶射 その2

(株)中田エンジンで施工した、精密機械へ組み込まれる新品スピンドルをセラミック溶射にて長寿命化加工を図った事例です。オイルシールが組み込まれる箇所に、事前に耐摩耗性の高いセラミック溶射を施し、摩耗トラブルを事前に対策しております。摩耗しにくくなり長寿命化するので、コスト削減へ繋がります。

 

溶射加工

オイルシールとの相性を考慮して、セラミック材を使用したプラズマ溶射が適しており、基材の鉄系材料と比べても、セラミックを溶射することで、硬度と耐摩耗性を高めます。熱影響もなく高い耐久性が得られ、シール摩耗しにくくなり長く使用可能になります。オイルシールを使用される様な摺動部に適してます。

 

振動がある使用環境の場合セラミック硬度が高い為、割れの問題もありますが、その際は使用環境に合わせ、その他の材料でのご提案ができます。

 

基材にセラミック材を乗せる分を下削りをし、溶射材を乗せます。今回は弊社推奨膜厚 +0.2mmt で、溶射材はグレイアルミナを溶射を乗せております。

 

研磨加工

仕上げにダイヤモンドホイールを使用した研磨加工にて、φ0.01mmを狙って、図面公差へ研削し、仕上げていきます。新品からでも再生品でも施工を施すことで、摩耗しにくくなり長寿命が図れます。

 

摩耗対策などお困り事がありましたら、何でもご相談下さい。

 

    

    加工前             加工後

溶射事例 一覧

  • ロータリーバルブ・フィダー 新規製作✚超硬溶射
    • 目的

      部品の長寿命化
    • 溶射材料

      超硬(サーメット)溶射
  • ギアシャフト 超硬溶射
    • 目的

      部品の再生・修理
    • 溶射材料

      超硬(サーメット)溶射
  • スピンドルのセラミック溶射
    • 目的

      部品の長寿命化
    • 溶射材料

      セラミック溶射