産業用エンジンメンテナンス.comの溶射事例 詳細

CASE: バタフライシャフト 超硬溶射

  • 目的部品の再生・修理
  • 業界産業機械
  • 対象軸受け部
  • 溶射材料超硬(サーメット)溶射
  • バタフライシャフト 超硬溶射 その1
  • バタフライシャフト 超硬溶射 その2

こちらは(株)中田エンジンで施工した、

バタフライ弁のシャフト 軸受け部摩耗

再生加工の事例です。

 

産業エンジンに組み込まれるバタフライ弁シャフトです。

可動域が決まっているので両軸受け部が偏摩耗し、

弁の可動が悪くなっております。

 

・点検、計測

洗浄、目視点検、曲がり等の点検や、最終的には研磨にて 0.01mm単位で、

軸受け元寸に仕上げる為、図面もありませんので事前に元寸など計測をします。

シャフト中心のスリット部分に弁が入りますので、

弁の挿入に影響ない範囲を確認して、加修範囲を決めていきます。

 

・下処理

旋盤作業にて摩耗部を下削りして取り切った後、

ショットブラストにて面粗し、次工程の溶射加工のくっつき強度を上げていきます。

 

 

・溶射加工

軸受け部で径-0.3mm偏摩耗するほどなので、弊社では超硬(WC系)溶射を施工し、

硬度と耐摩耗性を高めております。

ほぼ熱影響なく、再生前のよりも高い耐久性が得られ、長く使用できるようになります。

以降の整備入荷時にも摩耗のない状態が確認出来てます。

施工箇所横のスナップリング溝はキッチリ養生して対応します。

 

・研磨加工

仕上げに研磨でダイヤモンド砥石にてφ0.01mmずつ削って、

元寸に合わせて研削仕上げをします。

 

 

これにて作業完了となります。

 

溶射事例 一覧

  • Vプーリ、フランジ V溝再生 SUS溶射
    • 目的

      部品の再生・修理
    • 溶射材料

      金属溶射
  • 逆止リングへの低摩擦溶射による長寿命化
    • 目的

      部品の長寿命化
    • 溶射材料

      超硬(サーメット)溶射
  • バタフライシャフト 超硬溶射
    • 目的

      部品の再生・修理
    • 溶射材料

      超硬(サーメット)溶射
  • ロータリーバルブ・フィダー 新規製作✚超硬溶射
    • 目的

      部品の長寿命化
    • 溶射材料

      超硬(サーメット)溶射
  • ギアシャフト 超硬溶射
    • 目的

      部品の再生・修理
    • 溶射材料

      超硬(サーメット)溶射
  • スピンドルのセラミック溶射
    • 目的

      部品の長寿命化
    • 溶射材料

      セラミック溶射