産業用エンジンメンテナンス.comの溶射事例 詳細

CASE: 280kwモーターシャフト ベアリング軸受け再生事例

  • 目的部品の再生・修理
  • 業界産業機械
  • 対象ベアリング受け部
  • 溶射材料金属溶射
  • 280kwモーターシャフト ベアリング軸受け再生事例 その1
  • 280kwモーターシャフト ベアリング軸受け再生事例 その2

こちらは(株)中田エンジンにて施工した、

280kwモーターシャフトのベアリング受け部の摩耗再生事例です。

 

 

こちらモーターシャフトの、ベアリング受け部が摩耗してます。

溶射肉盛りにて再生し再使用したいというご相談でした。

 

・洗浄、計測

綺麗にグリス汚れなどを洗浄し、曲がりや振れ、亀裂、センター穴の状態など確認します。

細かな亀裂があったり、状態よっては加修不可や加修方法の制限となる事もあります。

今回は亀裂もなく加修可能でしたので、アンダーカットに入っていきます。

 

・アンダーカット

ワーク自体のサイズがサイズですので、弊社で一番大きい旋盤に乗せての、

アンダーカットとなりました。

削り量は摩耗が取り切れた-0.8mmtほどの荒ピッチでの切削をします。

 

 

・ショットブラスト

ワーク全体をマスキングし養生をキッチリ行って、下削りした溶射箇所をショットブラスト

にて、面を荒らしていきます。

溶射材とワーク素地の接地面を増やし、くっつき強度を高める為大事な下加工となります。

ブラスト粉も細かいので施工後はしっかりとワークの掃除を行います。

 

・金属溶射

金属溶射のブースではφ500のワークサイズまで旋盤に乗せれます。

下地としてボンディング材 + SUS系をガスワイヤー溶射にて、

肉盛り溶射をしました。

ネジ山もありますが養生を丁寧に行う為、影響はありません。

 

 

 

・研磨

旋盤で粗削りを行いますが、最終の仕上げは砥石での研磨加工を行います。

ベアリングの内径も確認したうえで、はめ合い公差に合わせて、研削加工をしました。

長さ、重量もありますので、ブリューで数か所受けながらにはなりますが、無事加工完了です。

 

 

摩耗、損傷、腐食などお気軽にご相談下さい。

 

溶射事例 一覧

  • 280kwモーターシャフト ベアリング軸受け再生事例
    • 目的

      部品の再生・修理
    • 溶射材料

      金属溶射
  • スネークポンプローターへの超硬溶射
    • 目的

      部品の再生・修理
    • 溶射材料

      超硬(サーメット)溶射
  • Vプーリ、フランジ V溝再生 SUS溶射
    • 目的

      部品の再生・修理
    • 溶射材料

      金属溶射
  • 逆止リングへの低摩擦溶射による長寿命化
    • 目的

      部品の長寿命化
    • 溶射材料

      超硬(サーメット)溶射
  • バタフライシャフト 超硬溶射
    • 目的

      部品の再生・修理
    • 溶射材料

      超硬(サーメット)溶射
  • ロータリーバルブ・フィダー 新規製作✚超硬溶射
    • 目的

      部品の長寿命化
    • 溶射材料

      超硬(サーメット)溶射
  • ギアシャフト 超硬溶射
    • 目的

      部品の再生・修理
    • 溶射材料

      超硬(サーメット)溶射
  • スピンドルのセラミック溶射
    • 目的

      部品の長寿命化
    • 溶射材料

      セラミック溶射